ピエル・パオロ・パゾリーニ『アポロンの地獄』再経験されるオイディプス

ピエル・パオロ・パゾリーニ監督による1967年作『アポロンの地獄』について。

あらすじ

古代ローマ。1人の男が荒野に赤ん坊を捨てて去っていく。通りすがりの男に拾われた赤ん坊はコリントス王のもとへ運ばれ、オイディプスと名付けられて王と王妃に愛されて育つ。やがて逞しく成長したオイディプスは、アポロンの神殿で「父親を殺し母親と交わる」という神託を受ける。運命から逃れるため故郷を離れた彼は、荒野をさまよううちにライオス王の一行と遭遇するが、そのライオス王こそオイディプスの真の父親であった。

https://eiga.com/movie/42126/

巨大な闇

オイディプスは巨大な闇に出会う。それは不信仰であるが故に見えていなかったものであり、その闇が大きすぎるがために、オイディプスは世界から自分を閉ざす。自分の目を潰すことによって。

オイディプスの行動が意思によるものだったのか運命によって定められたものだったのか、明確な線引きは与えられない。オイディプスの目の前に現れる闇は、それが意思によるものだとすれば人間の裏側に潜む闇に、運命として予め決定されたものであったとすれば世界が構造として抱える闇となる。

紀元前から語られ続けてきた『オイディプス王』はこの映画においては、そのような世界、人間に潜む直面することができないほどの何かに出会ってしまう、その存在に気づいてしまう物語として立ち上げられる。

再経験されるオイディプス

現代に生まれた子供が両親のセックスを目撃する。その子供はまだ事物を概念的に把握することができていない。そのため、視界の先にある両親のセックスと花火の音を一塊の何かとして、分節できないまま経験する。この映画において発される音は映像から遊離したようなものとなっているが、それはこの子供から認識された世界と一致する。つまり、オイディプスの物語を含むこの映画はこの子供の主観から経験されたものとなってる。

両親のセックスを目撃したこと、つまりエディプス・コンプレックスに陥ったことにより、子供は自身のものとしてオイディプスの物語を経験する。そして、再び舞台が現代へと戻る。そこで、子供は成長しそしてオイディプスのように盲目となった姿で現れる。そして、教会から出発し、現代の街に残された戦争のモニュメントや工場の跡地を通り過ぎ、自身が生まれた場所へと辿り着く。

カニバリズムの歴史

オイディプスは身内を殺し身内を犯していた、知らないうちにカニバリズムを行なっていたことに気づく。そして、成長した子供が通り過ぎていく街の姿から想起されるのは、オイディプスの時代から現代に至るまで続く、人類が人類を殺すというカニバリズム的な歴史である。子供は、オイディプスとしてその闇を経験すると同時に、そこから今に至る闇をも全て経験する。

奇跡の丘』がキリストの人生を描くことを通して、それが語られ神話化されてきた2000年の歴史、その中に潜む神秘を描き出そうとした作品だったとすれば、この映画はオイディプスを描くことを通して、そこから現代に至る人類の歴史の中に潜む闇を描き出した作品なんだろうと感じる。そして、この子供は、オイディプスを通してその人類の歴史に潜むおぞましい何かと直面し、それを見ないように自身の目を閉ざす。

しかし、観光客やその成長した子供の従者の姿から、それは他の現代の人には見えておらず、それらの人々は闇に直面する以前のオイディプスのように、それに無関心であることがわかる。

成長した子供の行き着く生まれた場所は、他のシーンと比べて非現実的で何か楽園のような雰囲気を持っている。それは子供の生まれた場所であると同時に、人類の誕生した場所のように感じられる。この世界はその誕生の前は楽園であり、人類の歴史によって作られることになる闇もまだ存在していなかった。その闇に直面してしまった人々はその闇とは無縁である楽園への回帰を望むが、そこにある光を見ることは既に不可能となっている。

感想 / レビュー / その他

冒頭の窓越しに映る影、鏡による分裂など、ドイツ表現主義的な演出が引用される。それはエディプス・コンプレックスの話として精神医学の文脈で共通するからであり、それと同時に、世界、人間の裏側に支配的な暗い何かが存在するという主題が共通するからでもあるんだろうと感じた。

アッカトーネ』『マンマ・ローマ』と同じく運命に捉えられた人物についての映画であり、神話を通してそこから現代に至る歴史の中に潜む何かを映そうとする試みは『奇跡の丘』と共通する。この映画は、その二つが組み合わさったことによって、その運命が歴史によって築かれた構造として、グロテスクさと共に現れてくるような感覚がある。

作品詳細

  • 監督:ピエル・パオロ・パゾリーニ / Pier Paolo Pasolini
  • 作品:アポロンの地獄 / EDIPO RE/ OEDIPUS REX
  • 製作:1967年 イタリア

関連記事

structuredcinema.com

structuredcinema.com

structuredcinema.com