エドガー・ライト『ラストナイト・イン・ソーホー』映画業界のアナロジーとしてのロンドン

エドガー・ライト監督による2021年作『ラストナイト・イン・ソーホー』について。

映画業界のアナロジーとしてのロンドン

冒頭、地方に住み、60年代のロンドンに憧れる主人公は鏡を通して自身の姿を映画の主人公に重ねる。そして、デザイン専門学校に入学するためロンドンに移り住む。そして鏡を通して、夢・幻想の中で60年代ロンドン、ソーホーに住む同年代の歌手志望の女性、サンディと同化していく。一方的に憧れの場所、自身の憧れの姿として見ていたロンドンに移り住むことで、その憧れに同化していく。

ロンドン=映画業界、鏡=スクリーン、主人公の見る夢・幻想=映画としてみれば、ロンドンにおけるショービズ業界を舞台とした話であるこの映画は、同時に映画業界についての話としてのレイヤーを持つ。サンディは映画の登場人物となる。主人公は観客として、スクリーンを通して映画の登場人物として同化していく。その中で、主人公はサンディの舞台裏での生活を知ることになる。憧れの対象、映画の登場人物として見ていたサンディの現実の姿、役者としての生活を知ることになる。その役者としてのサンディとの同化を通して、60年代から続く映画業界の闇を知っていく。

サンディが役者だとすれば、服を作る主人公は役を着せる存在、つまり映画の製作者となる。主人公は初めはサンディを映画の登場人物として、それに似合う服を作り始める。役者として、現実の人間としてのサンディはまだ見えていない。サンディの経験したことを知ることで、自身の思う理想の姿に役者を近づける、作品のために役者を犠牲にするのではなく、自身の理想と人間としての役者を合わせた作品を作るという考えに至る。

そして、最終的に主人公がたどり着いた作品は、自身が憧れていたものを今に向けてリメイクしたものである。エドガー・ライトは過去のジャンル映画を引用し作品を作ってきた監督、リメイクしてきた監督である。つまり、この映画は映画に憧れてきた監督自身がその憧れてきた時代の映画業界の裏側について知っていく映画でもあり、主人公のたどり着く結論はこの監督による以降の自身の映画作りに対するマニフェストとなっている。

ラストで主人公はサンディと同化しなくなり、他者として見るようになる。同じくロンドンで虐げられただろう母と共に、それを過去とせず鏡ごしにこれからも見続ける。そして、鏡越しに指を合わせて終わる。

現実と接続されるフィクション

映画の内部としての60年代ロンドンに対して主人公が観客の位置にあることで、主人公がこの映画の観客とも重ね合わされる。そして、この映画はロンドンという土地の記憶、土地に染み付いた亡霊を蘇らせる映画である。観客が主人公と共にその土地の記憶・亡霊を経験する映画になっている。

そして、エンドロールで人のいないロンドンを映すことで、不在を通して見た人の想像の中にその亡霊や記憶を現出させる。そして、同時に人のいないロンドンは同時にパンデミック下を想起させる。それによって、映画、フィクション上のロンドン、その記憶・亡霊が、実際に今自分たちが生きている現実の世界のロンドンのものとなる。

ラストショット

同じ MeToo 以降の映画であり、映画についての映画である『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は実際に起きた悲劇を改変し破壊するする映画だった。それに対して、この映画では昔からあるロールはリメイクする、そして犠牲となってきた人々の記憶は鏡を通して自分に結びついたものとして見続けていくという結論に至る。

この監督特有の真面目さや深刻さに振り切らない、軽くてある種ミーハー的なトーンが映画全体にある。そして、その結論が鏡越しに指を合わせるという動作で現される。その動作の内省的で真摯であると同時におしゃれで軽さのある感覚が、この映画のラストショットとしてこれ以上ないもののように感じる。

感想 / レビュー / その他

映像としては、ジャンルの様式美的なショットを要素としてその時代の音楽に合わせたリズミカルな編集で組み合わせたもの、この監督の過去作とも共通するものになっている。

今回参照されるジャンルはノアール・ホラー映画となっている。どちらも男性中心的で女性が都合よく扱われる・犠牲になるジャンルであることがその理由のように思う。そして、サンディと主人公は最初はそのような映画での女性の位置にいるが、映画が進むにつれその映画の中心、つまり男性の位置へと移動していくという演出のように感じた。

ただそれ以外、ショット単位でのオマージュの必然性があるのかはわからなかった。また、一つ一つのショットを見た時に何か足りない感覚、借り物のような安っぽさを感じた。

 

f:id:structuredcinema:20220723182504j:image